Canbor VRゴーグル Bluetoothコントローラ付属の評価・レビュー・使い方を大特集

Canbor VRゴーグル Bluetoothコントローラ付属の評価・レビュー・使い方を大特集

このエントリーをはてなブックマークに追加

Canbor VRゴーグル Bluetoothコントローラ付属

 

 

Canbor VRゴーグル Bluetoothコントローラ付属を実際に使用してレビュー!

 

 

こんにちは、近年バーチャルリアリティー(以下VR)は目まぐるしく進化しています。最近では PlayStationVRで過程で気軽にVRを楽しめるようになり、新宿には「VR ZONE」というVRを売りにしたアトラクション施設まで誕生しました。

 

もっとVRを身近に楽しみたい方向けにスマホで楽しめるVRゴーグルが様々なメーカーから発売されて製品のクオリティも常に向上しています。

 

今回はVRを体験してみたいけど一歩足が踏み出ない方の為にAmazonでも非常に評価の高いCaborから発売されている 「Canbor VRゴーグル Bluetoothコントローラ付属」を実際に使用してレビューを致します。

 

Canbor VRゴーグル Bluetoothコントローラ付属
カラー:黒
サイズ:192mm*162mm*122mm
重量:305g (VRゴーグルのみの場合)
スクリーン解像度: 720P〜1080P

 

 

 

Canbor VRゴーグル Bluetoothコントローラ付属の特徴

非球面光学レンズ

Canbor VRゴーグルは光学レンズ技術を採用。ナノ工程レンズは非球面レンズ使用により、より高精密、高透過率で目を守ります。HDアンチブルーレイ鋼化ガラスフィルムはグラス表面でブルーライトを軽減し、目を守り疲れにくくなっています。超3D映像効果と素晴らしいフィーリングを提供します。

 

簡単に言うと長期使用をしたときに目が疲れにくい加工がレンズに施されています。

 

通気快適なデザイン

Canborバーチャルリアリティゴーグルは人間工学に基づいたヘッドベルトのデザインと顔が接する面にソフト革を使用し顔を保護します。前蓋は着用中に蒸れたり過度の発熱を防止。三つのベルトの長さをそれぞれで調節でき、頭の負担を軽減し、しっかりと固定でき、より快適に使用できます。

 

本体のVRゴーグルが305gで他社の製品と比べても特別重い訳ではありません。しかし装着するスマートフォンがiPhone6(129g)と想定すると合計して434gになりますね。434gゴーグルを長時間使用していると頭や首に負担が掛かってしまうので顔が接する面にクッションや長さの調節できるベルトが人間工学に基づいて疲れにくい様に設計してあります。

 

レンズ調整可能

調整可能な瞳孔間距離(PD)と焦点距離(FD)、レンズ位置を別々に調整すれば両眼度数が違う方でも素晴らしい映画やゲームの仮想現実を体験できます。レンズを上下左右に調節可能なので、左右の視力が違う方にも対応しているので誰でも使える設計になっています。

 

コントローラー付属

3D映像を見る時、再生、一時停止、早送り、巻き戻し、音量+/-など簡単な機能をコントロールできます。

 

各機種対応

4 . 0~6 . 0インチのスマートフォンに適したCanbor VR 3Dメガネ。最大長さ: 165mm、 最大幅さ:85mm。対応機種:Samsung Galaxy Note 4/Galaxy Note 3/Galaxy S6/iPhone 6s/iPhone 6/iPhone 6 Plus/iPhone 5c/iPhone 5s/iPhone 5/SONY Xperia Z3+/Desire 816その他。(背中が丸い端末は対応しません)

 

Canbor VRゴーグルの評価を画像をまじえて解説

 

Canbor VRゴーグル Bluetoothコントローラ付属 本体

 

コチラが本体。カラーはブラックのみです。

 

素材はプラスチックですが持ってみるとしっかりしていて高級感を感じます。

 

4~6インチのサイズに対応しているため少し大きめです。艶消しブラックなので指紋やほこりは目立ちません。

 

Canbor VRゴーグル Bluetoothコントローラ付属 レンズ面 顔に触れる部分はクッション性の高い素材で作られている

 

レンズ面です。顔に触れる部分はクッション性の高い素材で作られているので、長時間付けても目が圧迫されず疲れにくいと思いました。メッシュレザーなので蒸れにくいのも嬉しいですね。

 

Canbor VRゴーグル Bluetoothコントローラ付属 フロントカバーは冷却用に外せるようになっています

 

フロントカバーは冷却用に外せるようになっています。長時間動画を再生するとスマートフォンが暑くなってしまうので、必要に応じて取り外せます。

 

Canbor VRゴーグル Bluetoothコントローラ付属 スマートフォンを設置する場所

 

スマートフォンを設置する場所です。カバーの開閉がマグネット式なので非常に楽です。

 

Canbor VRゴーグル Bluetoothコントローラ付属 イヤホンを装着しながらの使用を考えられているので横に専用に隙間があります。勿論充電しながらの使用も可能です。

 

イヤホンを装着しながらの使用を考えられているので横に専用に隙間があります。勿論充電しながらの使用も可能です。

 

Canbor VRゴーグル Bluetoothコントローラ付属 付属品

 

付属品は、取扱説明書、Bluetoothコントローラー、ウェットシート、3Mシール(スマホボタンの干渉防止用)、レンズ拭きクロスです。特にBluetoothコントローラーはスマートフォンをいちいち取り外して操作する必要が無くなるので、VRを楽しむうえでは必需品と言えます。

 

Canbor VRゴーグル Bluetoothコントローラ付属

 

Bluetoothコントローラーです。 iOSとAndroidの切り替えが可能で様々な用途で使えます。※ミュージックモード・ゲームモード・マウスモード・VRモード

 

付属品としてついてこなければ別売りで購入する必要があるくらいに重要なので、非常に助かります。操作に多少の慣れが必要ですが、あると非常に便利です。 単4電池2本で動作します。(電池は別売り)

 

まとめ 『コストパフォーマンス、完成度、付属品、どれも優れたVRゴーグル』

3000円程度で手にする事が出来るVRゴーグルとしては最高峰の完成度です。幅広いサイズのスマートフォンに対応していながら、人間工学に基づいた設計がされているので疲労も溜まりにくいです。そして iOSとAndroidの両方に対応しているBluetoothコントローラーが付属しているのが非常にポイントが高いですね。

 

VRのコンテンツを楽しむには必須のアクセサリなので製品を買って直ぐにVRの世界を楽しめる事が出来ます。

 

日々進歩しているVRの技術を自宅で安価に体験できるのは、時代の進化を感じる事が出来てワクワクしますね。今はVR専用アプリが大量にありますし、動画であればYouTubeで「 360°」と検索すればVR対応の動画が大量に用意されています。

 

個人で楽しむのはもちろん、お子様と一緒に遊んでもいいですね!レンズの位置は着用しながらでも設定出来ますし、頭の大きさに応じてベルトも調整できる作りになっていますので万人に使用できるゴーグルです。

 

是非この機会に技術の進化を経験してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事がお役に立ちましたらシェアお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

アダルト動画見放題サイト 実力ランキング



アダルトサイトTOP5へのリンクバナー

矢印 矢印 矢印



セフレ探し

AVに飽きちゃったあなた!はじめてのセフレ作りに挑戦しませんか?

矢印 矢印 矢印



アダルトライブチャット

外に出るのがめんどくさい!それなら自宅でラブチャットを楽しむという手も。

矢印 矢印 矢印



アダルトサイトをジャンルで選ぶ

>人妻・熟女系を見たい<

>外国人・洋モノ系を見たい<

>盗撮系を見たい<

>素人系を見たい<

>SM・陵辱・レイプ系を見たい<

>エロアニメ系を見たい<

>ロリ系を見たい<

>無修正を見たい<

>ニューハーフ・男の娘系を見たい<

>ゲイ系を見たい<

>アダルトライブチャットを楽しみたい<

>無料アダルト動画が見たい<

>着エロを見たい<

>素人が投稿したアダルト動画を見たい<

>スカトロ動画を見たい<